ダウンロード

ソーシャルオープンプラットフォーム利用推進フォーラム(SOPPF)

「eコミウエア」のダウンロード

 国立研究開発法人 防災科学技術研究所は、地域防災向けプラットフォームとして「eコミュニティ・プラットフォーム」を開発しました。
開発したソフト「eコミウエア」をGPL(GNU一般利用許諾契約書に基づき、オープンソースソフトウエア(OSS)として商用利用を含め無償提供しています。

 

 防災科研サイトへ

 

<eコミウエアのソフト群>

  1. eコミグループウェア
  2. eコミマップ ( 庁内情報共有・発信基盤システム
  3. 相互運用gサーバー センサー情報相互運用配信システム
  4. 災害リスク情報クリアリングハウス
  5. 見守り情報管理システム
  6. 災害ボランティアセンター運営支援キット(災害VCキット)
  7. 災害アーカイブシステム

 

本サイトでは、上記 1から4の最新版ソフト がダウンロードできます。
 

▶ ダウンロードはこちらから

 

その他のソフト(準備中)

▶ CMS/ポータルサイト

 ・SHIRASAGI

   「シラサギ」は、Ruby on Railsで開発されたWebアプリケーション開発プラットフォームです。

  SNSをベースとし、CMS、グループウェアなど幅広いアプリケーションの開発に柔軟に対応します。

  MITライセンスの元、オープンソースで開発しています。誰でも無償でご利用が可能です。

  LGWAN-ASPサービスもあり、セキュアなネットワークを介して、サービスをご利用になれます。

  自治体公式ウェブサイト及びサブサイトの運用管理、それ以外の全ての作業から解放されます。

  「シラサギ」の詳細についてはSHIRASAGI公式サイトをご覧ください。

 

eコミュニティ・プラットフォーム

「eコミュニティ・プラットフォーム」は国立研究開発法人防災科学技術研究所の登録商標です。

 

  → 防災科研サイトへ